連鎖

ある保育現場で、いつもいつも叱られる子がいて、保育士の声ばかり大きく、他児童はしゅんとして、リズムの活動もふくらまない。

運動会が終わった今頃にする、大きな布を使ったリズム遊びは、たいてい子どもたちの歓声でいっぱいになるのだが。

 

叱られる子は、発達に少し問題を抱えている。

そのために、サポート機関に通ったりもしているのだ。

嫌だ、と思いながら、怒鳴り声が聞こえて来ると、ヘラヘラしている自分。

大きな声で叱られる場、たまに手が出ているのを、融和させたいという反応でもあるし、どうしてよいかわからないのでついへらへらする、というマヌケな対応。

 

私はこの秋、一大決心をする。

一対一で、やめてください、と言うことにした。

一対一が基本だし、万一それで保育士との関係が悪くなっても、私の仕事がやりにくくなっても、オーケー!という気持ちになる。

大人の関係がわるくなることを恐れて、子ども、特に問題を抱えた子を差し出すわけにはいかない。

そこを抜いては成立しない仕事のはず。

 

で、私は保育士に現場が始まる直前に話したのだ。

保育士は、顔には出さず、わかりました、とひとこと。

私も考えてできるだけシンプルに、自分の建前だけを話したつもりである。

保育士がガーンとなっているのは分かった。

申し訳ない気持ちに萎えそうになる自分もわかった。

でも、筋は通さなくてはならない、と気持ちを強く持った。

 

大きな布は、夫が何枚も安売りの布地をミシンがけしてくれたもので、あまり頑丈ではない。

布を踏まないでください、布を踏まないでね、お願いします。

と、繰り返し言う。

活動を終わり、大きな布を折り畳んで、しまおうとする最後のところで、すっと足を出して布をぎゅうっと踏む男子がいた。

「踏まないでって言ってるでしょ」

ときっとなる。

きっとなるだけでもまずい。

その上、つい人差し指が出てしまった。

人指し指で、彼の細い肩を押したのだ。

その様子を、保育士も補助の先生もしっかりと見ている。

他人に見られていることが、かえって緊張感をなくしているのか、甘えになっているのか。

その保育士もそうだが、他人の目があり、活動の様子を録画していることも、たまには主任がスーパーバイズしにやってくることも十分承知しているのに、起こる。

人差し指が、うずく。

なんということをしてしまったのか・・。

監視カメラでもあり、第三者委員会に訴えられればクビになるようなことはないにしても、厳重注意というところだろう。

何より「子どもの笑顔と笑い声のため」などと宣伝している自分の欺瞞である。

まさにそういうことはしないでください、と言ったその直後に自分の陥ったふるまい。

これは、心理学ではどういうものだろう。

人差し指の嫌悪。

f:id:mazu-jirushii:20161025081645j:image

 

広告を非表示にする

腰椎2番

9月の第一月曜ヨガ。

前日、犬の散歩のあとで開店同時のスーパーは、クーラーでキンキンに冷えている。

や・まずいな、と思ったら案の定汗が冷えて、翌朝、喉が痛く全身こわばっている。

こういう日は、自分ではあまりやらないように注意しよう、と思っていたのに、ついへんに力が入ってしまい、あ・と思うがあとのまつり、腰をぐきっとしてしまった。

翌日、10年ぶりで会うひととの約束。

直前までキャンセルしよう、と何度もIフォンを手に思案するが、ランチの席を予約してくれたひとに申し訳ないし、ぜひ会いたい。

コルセットをして出かける。

待ち合わせのレストランに入る前に、化粧室でコルセットをばりばりはがして席に向かうと、時間前に着いて席にいる友だちとそれから、わあわあ喋り倒して、あっと言う間に時間がたち、腰のことなど忘れてしまう。

笑えば治るもんだなあ。

 

整体へ行くことも考えながら、なんとかなりそうだ、としのいでいたところ、夏休みあけの日野の仕事場へいく前日、再度ぐきっ。

こういうのは、二回やるとやばい。

2ヶ月半も休んでいて、どんなことがあっても行かなくてはならない、という気持ち。

気持ちはあっても、なにしろ日野は遠い。

途中電車のなかでくにゃあっと全身がくだけたようになって、たどり着けないかもしれない、と不安になりながら、とにかく着いて、だめなら帰ってこよう、と立川駅

立川から多摩モノレールに乗り換える。

 

仕事は、2ヶ月半ぶりというのもあるし、この気候でお子さんがたも保育者一同もご機嫌がよくない。

こちらも思うように動けないし、ストレスになることもあって、元気なときには先のことを考えていても、いつなにがおこるかわからないなあ、と暗くなる。

 

翌日整体に行くが、よくならない。

むしろわるい・・。

一週間腰をかばいながら、立ったり座ったり、屈んだり伸びたりができない。

身体が斜めになっていて、しゃんとならない。

前の週より症状がはっきりして不快だし不便。

 

仕方なく、二回目の整体に行き、いまようやく先がみえてきた。

もう9月も24日である。

なにしろ9月に入って雨の降らない日はたったの2日だとか。

なんとういうこと・・。

 

今年の夏は、せっかく買った蛸唐草、がんばって数回着たが、9月に入ってからはただの一度も着物に手を通していない。

腰がこんなふうじゃ、とってもムリ。

こうしてだんだん面倒な気持ちになってきて、萌え萌えの着物からも遠ざかっていくのかなぁ。

f:id:mazu-jirushii:20160926190333j:image

自撮り棒使用してみました、襟足あおあお〜

広告を非表示にする

仙川ランドフェス 舞踏

森のテラスで、山海塾の松岡大さん。

不思議なからだ。

このひとは自然、音、観客をどう意識して動いているのだろう?そればかりを考えて観ていたため、翌日筋肉痛。

f:id:mazu-jirushii:20160920201749j:image

最後は、この水鉢に入ってたし。

仙川ランドフェス 大野慶人先生

慶人先生は、巻上公一さんのホーメイで舞踏?

f:id:mazu-jirushii:20160920201318j:image

f:id:mazu-jirushii:20160920201333j:image

このあと、ウサギの帽子で踊りました。可愛いらしかったわ〜。

仙川ランドフェス

始まりは路上で、

f:id:mazu-jirushii:20160920200918j:image

f:id:mazu-jirushii:20160920200932j:image

 

驚いたのは、通行人のかたがたが、結構この奇妙なパフォーマーを受け入れていたこと。

怪訝な目でのしのし通り過ぎるひと、わいわいとビルの階段から大量の弁当を運ぶ部活女子は、路上に降り立ったとたん、しんとなる。

すごい目つきでにらみつけるひと、このひと手に持った傘で、このなさけないダンサーを突き刺しかねない、と目が離せない。 

が心配無用で、ずーっと着いてきた。

このダンサーは、このまま寝転がったり、足をバタバタさせたり、縁石に跳びあがったりしながらどんどん進みもランドフェス参加者は奇妙な列をなして後に続くのである。

 

広告を非表示にする