キモノ二年目

二周目に入ってふり返ってみると、一年目はずいぶんむりやりだったなあ、と思う。

ひとと同じことをするのが嫌な性格だが、あまり違ってしまえる勇気もない。

こんな着物すがたで外出ていいんだっけ、と疑わしい姿でえいっと出かけた。

帯締めが夏物で注意されたこともある。

着物の常識から注意を受けるのは、けっこう恥ずかしい。

 

じぶんで着物を着るようになったこの一年で、素敵で、まねっこしたいと思った方はふたり。

ひとりは駅のホームでジロジロと見えなくなるまで見た。

もうひとりは「すてきですね〜」と話しかけてしまった。

普段着の着物で、ちょっと手作りが入っていて、個性的な方たち、たぶん同年代。

洋服でも、すてき!とうなるような独特のファッションしている方は若い人より、熟年の方が多い気がする。

二年目、ちょっと崩して、さりげない自分流をめざします。

 

 

f:id:mazu-jirushii:20151118073652j:imagef:id:mazu-jirushii:20151118073637j:image

 

水牛の帯留め。

まねき屋(本所吾妻橋)さんで買いました。

広告を非表示にする