読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

氷の花火 山口小夜子

夏にフリーダ・カーロを観た時にチラシをもらってきた「山口小夜子」のドキュメントを観に行く。

 

のっけから高橋靖子さんというスタイリストが登場し、小夜子さんの思い出を語る。

彼女の文が好きで、装苑だったかに連載していたエッセイを切り抜いて集めていた。

特に「ユージンさんのこと」という日本に住みついて、水俣を撮り続けた写真家がお隣さんだった時のエッセイが好きで、短いエッセイを何度も読んだ。

ユージン・スミスの仕事をする生の姿が描かれていて、コツコツと努力する米国人ジャーナリストのひたむきさに目がぱっちりと覚めるような文章だった。

ある時、彼の写真集ともども捨ててしまったのだが。

 

天児牛大が登場して驚いた。

一緒に踊る映像まであった。

天児牛大という舞踏家。

この人の肉体を舞台で観てしまうと、ダンスが急につまらなくなる。

この人が肉体を舞台に登場させると、劇場全体のの空気がカーンと緊張し、微かな身体の動きに魅了されるのだ。

 

山口小夜子さんとのコラボレーションは写真で見る限りにおいてマッチしているが、舞台ではきっとそうはいかなかったろう、と思う。

舞踏家と見せる肉体とはべつのもののように私には思える。

映画には、魅力のある人がたくさん登場するのだが、山口小夜子という人の実態はついに茫洋としてわからない。

 

 

 

f:id:mazu-jirushii:20151125085425j:imagef:id:mazu-jirushii:20151125085420j:image