読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TV断ち

先週土曜日、年度末の書類を作らなくてはならず、朝早くからパソコンを打っていた。

ちょっとひっかかるいやなことがあって、そのことも考えながら。

一年間の仕事を頂戴したのだが、これまでも仕事ほしさにのこのこ出向いた先で、いやなことをされたりいわれたりしたことがあり、

今回は辞退しよう、年度の切り替わり時期だし、断りやすい、と心を決めながら、これまでのいろいろが、もやもやが霞となってよぎる。

もやもやの切れ目にパソコンを打ち込む。

よせばよいのに、TVもつけて、字幕だったりするとパソコン画面と、テレビ画面の両方に視点を合わせるのに時間を喰ったりしながら、やっつけていた。

首はどんどん縮まっていく。

腰はソファに沈んでいく。

つま先が冷いなあ、とがんがん点けているガスストーブの前に転がった靴下に右手を伸ばした途端、ギクッとなった。

うそ!

まさか!

・・・がそのまさかのギックリ腰。

そのまま立つことも座ることもできなくなった。

 

夫は、前夜まで忙しく、休日くらいゆっくりしてれば良いのに、友人のお父さんが亡くなったと知らせを受けて、葬儀に出るところである。

行くことないじゃん、葬式ったって、90を超えた方なんだから、こっちのほうが危ないんだよ、などと制止する妻の声は届かず、準備していたところ。

急遽、車で私を整体に運ばなくてはならないことになり、それからの葬式に出向く、ということになってしまった。

 

ゴッド・ハンドは、

「腰椎二番、上からきている、眼とか首とか肩とか」

と言う。

うちに帰ってから、症状がひどくなった。

起き上がることもできない。

どうしようもない痛みに、歯を食いしばり、おかげで翌日は歯が痛んだ。

 

翌日は、少し回復したので、のろのろではあるが、土手まで行った。

その翌日は、痛むところが変わって、わずかな勾配でも上がるのがつらかった。

 

TVがいけない、と結論づけた。

ほとんど中毒のようになっている。

朝五時前に起きて、テレビを点ける。

たいていはつまらないので、チャンネルを変えながら、歯を食いしばってまで観ている理由はただひとつ。

テレビを消したときのシンとした静けさがさびしい。

シンが来る前に、まずリモコンを押す。

 

二日間は、テレビだけでなく、老眼鏡をかけて本を読むことも自分に禁止したため、タバコを止めたひとがガムや飴を必死で口にいれるかのごとく、放送大学で録音した授業をアイフォンから聴き続けた。

「言語と表現」と「国際理解のために」

このお堅いものだけが録音されていたため、このふたつを繰り返し聴き、特に「国際理解のために」の領土問題を聴いて興奮して寝つきがわるくなってしまった。

なにをやってるの。

もう少し、のほほんとすることはできないの。

とは思うのだが。

 

広告を非表示にする