読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弥生美術館 谷崎潤一郎とキモノ

今年の初めに、フェイスブックで弥生美術館の展示の紹介が回ってきて、ぜひ行きたい、できれば着物で、と思っていた。

2月の初め一緒に行かない、とママ友を誘ったら、3月からだった。

また声をかけるね、と言ってそのまま、気がついたらもう6月。

会期は6月までだ。

チラシやネットを見てもあまりぱっとした紹介がされてなくて、いいかな、と迷いはじめた。

ここで行かないと、またぐっと引き篭もる。

出足がにぶくなって、まあいいか、が増えるパターン。

土曜日は腰が痛くて仕方なかった。

温めて昼寝をしたら持ち直して、表参道に出かけた。

お祝いに絵本を贈るのは、クレヨン・ハウスが喜ばれる。

同じ絵本なのだが、アマゾンで買うのとはちょっと違う。

かわいいクレヨン・ハウスのラッピングにかわいいカードが付いている。

用だけを済ませるつもりで出かけたら、すっかり調子が良くなっている。

このまま弥生美術館へ直行しようか、と思ったが、着く頃には閉館という時刻。

あきらめた。

 

お出かけは、土日のどちらか、と決めてはいるのだが、翌日腰痛はすっかり治っているし、行ってしまえ、とあまり気乗りのしない夫と出かけた。

「谷崎文学の着物を見る」ではなかなか伝わって来ない内容に、出足が鈍る。

 東大前は、東京大学という日本一の大学の駅である。

夫は、かつて出入りしていた、らしい。

初めて行く場所の場合、夫のアイフォンまかせであるが、車にひかれないよう夫とアイフォンに目をくばる必要がある。

 

美術館は変わった建物である。

古いし、西洋式か和式かわからない。

入り口で写真を撮っているひとがいる。

日本人である。

 

いやいやそこまでは解らなかった。

入ってみないと中身はわからないものである。

谷崎の小説に登場した女性の着た着物を、アンティーク着物で再現しマネキンに着せている。

谷崎のテキスト、描かれた挿絵もセットになっている。

美しい着物である。

花柄に花柄の帯、蝶の羽織。

いま、コレド室町の着物のイベントなどに行くと、着物の下はハイヒールというオシャレな女子がいるが、とっくの昔に、着物とハイヒールの組み合わせをしていたのだ。

谷崎の最後の奥さんと姉妹たちの写真。

写真に基づいて再現された着物をマネキンが着ている。

美の世界に圧倒された。

 

f:id:mazu-jirushii:20160602091619j:plain

 

帰ってから、谷崎は全集を持っていたはず、と本棚を探すと、なぜか13巻までしかない。

12巻に「蓼食う虫」があり、さっそく読み始めると、

ああ、黄八丈とか黒八丈とかよだれの出そうな着物描写。

微にいり細にいり、谷崎の描くすがたかたち、衣装への執着。

抜いた衣文からのぞく背中の皮膚。

メッシュの手袋と手袋から透ける爪。

三十代だったか、これを読んだときには気づかなかった描写がしつこく迫ってくる。