蛸唐草

月曜日。

一日中、蛸唐草、蛸唐草、と思いつづける。

三橋工房が、三橋京子さんが頭から離れない。

夏着物にこの金額は高すぎる(わたしにとっては)、結局夏は暑すぎて着物の出番がないし、欲望を食い止めようと、もがく。

去年はなにかの本で小千谷縮がよい、と書いてあったのを読んで洗脳され、小千谷縮でもんもんとしていた。

リサイクル品を二着ゲットしたが、二着とも一度づつ着ただけである。

おしゃれ着洗いで洗えるのは助かるが。

もがけばもがくほど、絡めとられるのは自然界の法則。

 

一度電話をして、蛸唐草のグレーをみせてもらおう、と自分なりの結論を出す。

お買い上げの方向に踏み出したってこと?

意識とはうらはらに・・。

 

ラ・ロンダジルの鏡の前で合わせてみたのはカーキ色で、日本の呼び名では利休色である・・しびれる!

とうとうラ・ロンダジルに電話して、グレーのものが見たいと言うと、工房で在庫をチェックして火曜日に電話をしてくれる、と言う。

会期は木曜日まで。

電話は火曜日の12時ころになるという。

火曜日は自粛日で午後の外出はためらわれる、水曜の日野の現場から神楽坂へ直行するルートを検索しておく、最悪木曜日だな・・。

思いがけず、火曜日の12時より15分ほど前に電話がかかってくる。

在庫が用意できている、という。

うぅっと唸って、

「今からいきます!」

 

そんなこともあろうかと思って、着物を着て待機している。

用意周到なかんじである。

小雨が降ってきたが、まあいいや、とずいぶんと大胆な自分。

濡れると困るはずの黒い鼻緒の草履を履いてさっさと出かける。

物欲が日頃のせこさ、臆病さを払拭して、大胆にさせてくれる、ありがたいような気分である。

 f:id:mazu-jirushii:20160614090435j:imagef:id:mazu-jirushii:20160614090451j:image 

美しいラ・ロンダジルの店員さん。手に持つのはボールペン・・蛸唐草のカード支払いのサインのため!

 

広告を非表示にする