読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょうは死ぬのにもってこいの日

ザックが死んでしまう。

空のぬけるような青さのなかに、ザックの魂が飛んでいってしまう。

なぜ今日なのか?

 

悲惨な保護犬として我が家にやってきて9年。

初めの1年間は格闘だった。

明け方から日が暮れるまで泣き続ける犬に試したもろもろ。

ペットボトルに砂を入れて物干し台から投げつけて脅したり、お酢とハッカを混ぜたスプレーを鼻先に噴射したり、どなったり、ケージを叩いたり・・。

隣近所からのプレッシャーもたいへんだった。

 

私は、自分以外のものに、こんなに尽くしたことはない。

娘にも、息子にも、これまでのに犬も猫にも。

私は私なりにザックという傷を負った雄犬に、私も同じ傷を負う存在だから、だから尽くした。

これまでの犬にしてきたこと以上のことをこのこたちにはしよう、と決めていた。

お散歩の距離も伸ばし、餌のグレードもあげ、それからちゃんと触れること。

しっかりと手で触れる、そのことを励行してきた。

ああ、それなのに早すぎる死。

なぜ、と思いつつ、水曜日の高幡不動できもちがおかしくなった、あれは予感とかだったのか?

くらくらするほどに喪失、ああ、ザックは死ぬきなんだ、と。

 

帰り道、娘から、ザックとピッキーは多摩川まで散歩に行った、とラインがきて、ああ取り越し苦労か、とこわくて様子をきけなかったことがすこしおかしかった。

 

だから大丈夫、げんきになる、すこしづつよくなっている、そう思った矢先の急変。

ピッキーとやってきた道を、ザックだけ帰って行った。

ピッキーは、これから単独で猫と一緒に生きていかなくてはならない。

 

f:id:mazu-jirushii:20161213062705j:image