中秋の名月

物干しに出て、月をみる。

雲が厚くて、ぼんやりとむこうに透明な光が隠れているのがわかるが、月のかたちはみえない。

 

もともとこの季節、さまざまな異変があった。

東洋医学でいうと、この時期は婦人科系に負荷がかかるのだそうだ。

中秋の名月とか、池上本門寺のお会式とか、そのころ入院していたこともある。

当時(もう違うのだが・・)仲の良かったひとが、この時期いつも調子わるいね、と言って、気がついた。

 

しかし、今年は、というか昨年暮れに犬が死んで、近所の親しくしていたひとが亡くなって、年末年始、宿敵ともいうべき夫の姪が三歳児を連れて上京し、わたしのところへ来る気はさらさらなかったのだが、予定していた宿に病人が出て、ほかに頼るところも金もないため、うちに転がり込んだ。

ほんとうに断って欲しかったが、夫は受け入れてしまった。

狂いそうに、疲れがピークになり、正月から仕事が入っていた。

すでに腰の調子が悪く、たびたび身体がまっすぐにならない事態に、暖かくなってやっと調子が取り戻せそうだったのが、また夏にきて悪くなった。

 

なぜか、年末からフライドチキンなど食べ始めた。

ムーミンのお皿がもらえるサービスに乗じたのがはじまりで、こんなもの食べるのは数年ぶりだったのに、いったん食べたら美味しく感じはじめた。

こんな脂っこいものを食べて、調子が悪くならないのだからきっと丈夫になったのね、などと解釈し、不思議なことに、ジャンク・フードはジャンクなだけにジャンキーになるのだ。

ついでに中華料理店へ行くのが好きになった。

ここの中華はいやな後味がない、などとたびたび行ってジャンボ餃子や麺類など注文した。餃子だけ買いに行って、おかずにしたこともある。

かんがえられないことなのだが。

 

そして、食欲は低迷気味で、味がはっきりしたものしか美味しくなくなった。

昼の麺類に豚肉を大量に入れたものを食べ、夜はすき焼きなどというメニューも、いま思うとかんがえられない。

 

今回、腰が完全に悲鳴をあげ、野口整体に行くと、「たべすぎ」と言われる。

え?

この太り方はたべすぎ、と言われる。

でも体重は増えていませんよ、などと言い訳をするが、体重も1キロくらい増えている。

でも、1キロ。

いや1.5キロか。

 

整体の帰りに、遅くなったし、なにか買っていこう、とデパ地下へ寄るとよいにおい。

鳥の唐揚げの期間限定コーナー。

鳥の唐揚げって揚げ物なのに、大量に買い込んでしまう。

車は急に止まれないのだ。

 ブレーキが効いて来るまで、腰をもう一回ぎくっとしなくはならなかった。

不思議。

たいてい食べ物で失敗する。

食べ物で失敗する原因はストレスなのだが。

ストレスがあると、脂ぎった、味の濃い、ふわふわしたものがどうしても食べたくなる。

肉をやめ、中華をやめ、油脂の使ったせんべいをやめ。

そういうものをいかに食べていたか、思い知る。

 

このところ食事の見直しが功を奏して、いつも調子のよくないこの季節、意外と良い気分で過ごしている。

しばらくすると、くっきりと青いような月が濃い雲のなかから現れて、思わず手を合わせる。雲がいきもののように息づいて、ぐるり建物の海の向こうの赤い光のつぶがけたたましく点滅している。

f:id:mazu-jirushii:20171010205752j:image