ひどい正月

正月はきらいだが、今年は特に悪い。

 

大晦日のどんよりした寒さといったらなく、犬の散歩に家を出たものの犬もがたがた震えているし、途中で引き返した。

途中で引き返したものの、身体に嫌なダメージが残り、元旦は身体が重い。

大掃除もせず、おせちも作らず、お餅もない正月。

テレビはことさらわざとらしく、騒々しく、逆宣伝ばっかり。

観ているとどうしても洗脳され、洗脳されまいとあがくので疲れは一層である。

 

楽しみなのは年賀状だけ。

頼りの年賀状も、ずいぶんすくない。

元旦に届くように、心をこめて書き送ったのに、返事はすくないなぁ。

必ず来る従姉妹たちから来ていないのが気になる。

 

それでも、なんとか河原まで行って、縁起物の凧を揚げる。

すぃっと、垂直に高く高く揚がってくれた。

すぐに帰って、お寿司屋で頼んでおいた太巻き寿司を取って帰る。

 

年末から、不安定だった体調が、もっと不安定で、いつもは元気な夫が、11月末から体調を崩し、いつもの漢方、野口整体ではどうにもならず、ついに大学病院へ行き、仕事を10日休んだ。

多分、かれの人生で初めてのことだ。

仕事のストレスもあり、出張でのマラリアの薬、その後帯状疱疹になって、年末になって発熱。

時々高熱を出し、ばったり倒れるひとだが、あっさり治るひとでもあったのが、今回は尾を引いた。

「年末年始は身体を休めること」がモットーである。

結婚以来夫がしてきたゴミ出しが私の仕事となり、仕事から帰ってから車で整体に連れて行ったり、夏に私のためにしてくれたことを彼のためにする。

私は頑丈ではないので、その後激しく衰える。

元旦の夜、全身が萎えて、夕食なしで横になっている。

娘がやって来て、私があげたお年玉を返す、と言う。

あげたものを返されるのはよい気分ではないが、気を使いながらも、自分の主張を母にする娘を、ちょっと褒めてやりたい気もする。

 

こんな調子じゃあ、12月に更新してしまった仕事だが、年度内もままならないかも、ふとんを被って悶々としている。

 

翌日、すっかり気分が良くなっている。

墓参りを兼ねて、七福神へ行こう。

体調無理そうなら、半分だけでも回ろう、と言うことになる。

七福神は3年目である。

初めて、行ったのは2年前の正月で、オーストラリアから訪ねてきてくれた友だちが、あっさり帰ってしまい、時間が中途半端で気持ちが治らない。

ならば墓参りだけでも、今日中に終わらせておこう、と家族にむちゃぶりをして出かけることにした。

着くと午後のおそい時間で、ふっとこれなに?

と並んでいるひとが気になって、やってみよう、と台紙を買いお寺を回り始めて、谷中銀座を走って、最後のお寺の印をもらったが、三箇所余らせた。

一週間後、もう一度行って七福さんが揃った。

突然、仕事が舞い込んできたのは、このため、と私は思っている。

昨年、更新はなしにみえた現場から、もう一年やらせてもらえることになったので、今年も行きたかった。

仕事を求めている娘が今年初めて同行。

 

迷ったが、洋服で行くことにした。

洋服で正解だった、なんだかんだ着物だと疲れる、ということだなぁ。

 

いつも上野の弁天さんだけ、拝めない。

ひとが多すぎるし、早くうなぎが食べたいので、印はもらうが、参拝はなし。

だから、お金がないんだね。

 

うなぎ!

私のうな重!

去年、大伯母のホームに行き浦和のうなぎを食べたのが最後。

思えば、あの時から体調がいまいちで、うなぎがおいしくなかった。

 

三日はテレビ。

「家ついていっていいですか」の三時間スペシャル。

この番組は、リアルに、ひとが行生きている現実とは、ほんとはどんなものなのか?

目の前に突きつけられる。

ちょっと重いので、刑事コロンボに切り替える。

ジュールとジム」というトリュフォーの映画。

邦題は「突然炎のように」

のジム役のフランス人俳優が、犯人役である。

彼が「ものいわぬははらふくるる」と言うシーンで、昔父が、アメリカ人がそんなこと言うかよ、と突っ込んでいたのを思い出す。

ものいわぬははらふくるる、こそ父が溜め込んでいたものに違いない。

それをテレビで観たのがいつだったのか、もう実家を出たあとだったと思うのだが。

 

三日の夜、また具合がわるくなった。

また夕食抜き。

 

翌日、家族の出払った家を掃除し、晴天のなか犬を連れて河原へ出る。

気分はすっかり良くなっている。

正月がおわった。

f:id:mazu-jirushii:20180106154821j:image