おみくじ

ジャパニーズ・フードコートの奥に、おみくじ屋の占いがあり、
「ラブ、ヘルシー、サクセス」と書いてある。
ひょっとしたら、いとこにはそのいずれも、なかったのかもしれない。
だから死んだのだ。

そんなふうに感じる自分は、どこかおかしい、きっと。

 

末っ子のいとこを呼び出して、1年8ヶ月のことの次第を聞いた。

彼女から聞こえてきたのは、おだやかに、夫、母親、いもうとたちに見守られて眠るように息を引き取った姉の最期。

そう、和解があったのだろう。

私にはなかったが。

日本一の緩和ケア病棟に2ヶ月、そこが家族の憩いの場となっていたそうだ。

 

彼女が前の結婚で残したひとり息子が、いまどんな気持ちで母親の死と向き合っているか、とか、

これからたったひとりで息子はどうしていくのか、とか、

そのことはだれも語らないが。

たとえ気にしていたとしてもなにができるのか?

 

あかるく、前向きで元気な末っ子のどこにも、偽りはなく、

こころの丈夫さと、身体の健康さがある。

だから、私のバイヤスがゆがんでいる、とことんゆがんでいる。

私の母は孤独なうちに死んでいった、だけど、このひとたちはちがうのだ。

f:id:mazu-jirushii:20180313180641j:image