東京暮色・・・ニッポンのミソジニー

偶然、小津作品が放映されていて、どうやら地元蒲田らしい風景があって、引きこまれる。

昔小津作品が好きな仲間がいて、かれらと一緒に名画座レンタルビデオで観たころとは違う、すばらしい画像である。

白黒ではあるが、リマスター版の鮮明な画像である。

こちらに入ってくる印象もぐっとリアル。

原節子も、その声でそのひととわかった有馬稲子さんも、その美しさ、まっすぐな背骨、揺るぎのないウォーキング。

歩く後ろ姿が多い作品である。

玄関に出る原節子の廊下を歩く後ろ姿

お茶を運ぶ女子事務員が、部屋を出て行く後ろ姿

 

「東京暮色」

会話が成り立たないシーンの連続である。

観ていていらいらしてくる。

娘を捨てて出奔した母(山田五十鈴!)と、捨てられた勤勉で真面目一方の夫(笠智衆・この一風変わった俳優を初めて観たのはNHK朝ドラたまゆらであった)

ふたりの娘、姉(原)と妹(有馬)

 

すごい、と思ったのは、まったく噛み合わない会話をしていて、齟齬の連続、誤解の積み重ねをいっこうに解決しないまま、現実がずんずん進んでいく。

ひょっとするとフシギの国ニッポンの現実は、こういう流れ?

いちいち「え?意味わかりません」

「それどういう意味?」

「わかるように言って」

など、掘ろうとする自分は、もちろん嫌われ者だ。

そしてたいていは雲をつかむような返答に、ぽかんとして切り上げられてしまう。

でも、ひょっとすると、そんなふうでも物事は流れていく。

それでいいのか?

 

しかし、映画の中では、とうとう妹は酔って線路内に入り込み、「えっ!?」と唸り声をあげたが、死んでしまう展開になる。

死にたくない、やりなおしたい、と言いながら、監督はこの妹を殺してしまうのである。

姉が母の働く五反田の雀荘寿荘(この看板がカッコいい)にきびきびした喪服(和装)で出かけて行って、

「おかあさんのせいであきちゃん(妹)が死んだ」

とこともあろうに、ただでさえ世間からのバッシングを受け、ひっそり雀荘のおかみとして日陰に生きている母親を叩くのである。

おいおい、母親まで殺す気かよ、と私は思うのである。

 

実はアホな大学生との間で妊娠し、娼婦相手に手術を請け負っている産婦人科医(蒲田・)で処置し、身も心もずたずたになって酒を飲んで電車にはねられてしまう妹の死の真相にはだれも目を向けない。

男はお咎めなし。

ついでに言っておくと、この産婦人科医も女である。

えらく醜く描かれていて、監督はこの女医に白衣の上から尻をかかせる、という小細工までしている。

 

子どもを捨てて家を出た女=悪。

結ばれない相手との恋で妊娠する女=悪・・「ずべこう」とまで言われる。妊娠に至らせる男は問題ないが、妊娠させられた女は「性的にだらしない」とされる。

姉だって優等生ではない。

父親の勧めで気のそわない大学教授か翻訳家か、こむずかしい横文字を使う男と結婚し、一女を設けるが、家を出て父親の家に子どもともども居候しているのだ。

 

この家族のなかで唯一ずけずけ本当のことをしゃべるのはおばさん(沢村貞子)のみであるが、この手広く会社経営する女性は、自分中心であって、頼りにならない。

うーむ、鮮明な画質で観る小津作品の描く1957年のニッポンは、女に厳しいなぁ。

私は母を思ってつらくなるのだ。

母のない子として育った姉ふたりと私にとって最大の問題は、女の置かれた状況そのものだ、という気がする。

たとえば、これが母系社会だったら、世界のどこかに存在するはずの母系コミュニティーだったら、姉ふたりと私の苦労はまったくちがったものだったろう。

 

「東京暮色」で検索したら以下のブログ発見。

この方は、「後味のわるさ」にへこたらず二度見したというからえらい。

https://blog.goo.ne.jp/gaditana/e/a0e75414b6e398c618aa18ce87343870

 

f:id:mazu-jirushii:20181027165514j:image

大井町駅