「古事記と万葉集」単位認定試験

古事記を勉強している、と言うと「へえ」とか「いいじゃない」とか答えが返ってくるが、試験がある、と言うと「え?」と言われる。

それでなにかになるの?と聞かれるが、なんにもならない、と答える。

ただ、自分がどれだけ理解していて、どれだけ理解できていないか、がよくわかる、と言うと、信じられない、という顔をされる。

 

もっともふさわしい内容はどれか、という五者択一式の問題。

どうもよくわからない文章があって、果たして正か誤か判断がつかない。

隣の男性は、さっさと試験を終えて、会場を出てよいタイムラインになると、すっと席を立って帰っていく。

プレッシャー・・。

たいてい早く終わるので、終了より少し早い時間に夫と待ち合わせをしているのだが、考えれば考えるほど正のようでもあり、誤のようでもある。

考えれば考えるほと、わからない。

えいっと五者からひとつを選び、席を立った。

 

アップリンクは時々映画を見る。

映画より、アップリンクのレストランのラム肉が好きである。

開店まですこし時間を潰してから、レストランへ行くと、もうひとが入っている。

車椅子のひとも、介助者も、ひとりでふらっと来ているひとも、キャリア職らしい女性ふたりづれも。

ランチプレートは、量は少なめで、ふた皿いけそう。

夫は仕事のことで頭がいっぱいで、口数が少ない。

気もそぞろならしいので、出ることにする。

せっかく試験が終わったのに、ひとりで帰ってもつまらない。

ひとりでテレビを観るほどつまらないことは世の中にないと思っている。

映画観てこうかな、と言うと観ていけば、と夫。

チケット売り場で、今から観れる映画ありますか、と聞くと、ジエイムス・ブラウンの「Mr. Dynamite 」が始まったばかり、と言う。

夫の顔を見ると、もうその場を去ろうとしているので、お願いします、と言うと、

「シニアでよいですね」と言われる。

がぁぁぁぁぁぁぁんの一瞬。

え?60過ぎにみえるの、わたし(あたりまえじゃん、あんた62じゃん)

だけど、こないだひさしぶりに会った昔の同僚から、どうみても50、化粧の仕方によっては40代! と言われた。

そのことば、しっかり胸にいただいたのに、この見ず知らずのねえさんは、私の年齢を年齢どうりに言い当てたのだ!!

しばらくひきずりながら、よろよろと大して観たくないジェイムス・ブラウン上映中の部屋に入って、ハンモックのような座りにくい椅子に座る。

 

このひとはすごいなぁ。

踊りだすと地面から足が浮遊しているがごとくである。

残念ながら、途中でトイレに行きたくなってしまい、中座してそのまま家に帰った。

 

翌日、夫に話すと、

そうか、見栄はって高い券買うわけにいかないしな、と言う。

なるべく深追いしたくない話題のようである。

 

毎年、ひとは夏に年を取るよなあ、と思う。

自分もひとも。

f:id:mazu-jirushii:20160819170839j:image