ひな祭りイベント

保育園のイベントに行ってきた。

去年から、このイベントには着物ででかけている。

子どもたちが、きらびやかな着物で舞台の上でおひなさまになるので、あやかって私も和装で行く。

歳をとっているので、

「なにあのひと!目立ちたがりや〜」

とか

「なんで着物なんか着てくるワケ?」

などと言われないはずだ(と思う・)。

婆さんだから白髪もまんまだし、もう勘弁してよ、64歳だよ、好きにさせろ、というワケなのだ。

 

で、今年はネットのリサイクルで購入した¥18000の草木染めに、それよりは少し高価なリサイクル帯を締めていくと、去年は反応のなかった方たちから

「せんせいステキ」とのうれしいおことば。

春だから、色のうすいもののほうが、きれいにみえるのかも。

去年は、結城紬で行った。

だれもなんにも言わなかった・。

 

子どもたちの演目はなかなか見ごたえがあって、私としてはもう少しあっさり終わらせて欲しい気もするが、ひとりひとりのおめかしした、いつものホールでとはちがう表情や表現に拍手。

 

そして楽しみなのは、もう卒園しているのだが、弟や妹が在園しているので、親と一緒に見にきている子どもたち。

小学校も高学年となるとめったに来ないが、去年卒園した子やおととし卒園した子が来ていて、あまり大きくなってない子や、りっぱになってよく考えて見ないとだれだか思い出せない子など。会場をジロジロ、ジロジロながめまわしている。

女の子たちは、あーと言ってタッチしにくるが、男子は無視。

さんざん無視したのち、ニカニカわらってタッチしにきたR平。

一昨年卒園してひょろひょろ伸びたタツは、二歳児のときからカレンダーが読めた。

次は、つぎのつぎの週です、と言うと◯日と言うので驚いた。

ただし、みんなと一緒になにかをする、というのは苦手でぽつんとしている。

上等なカメラを持ってうろうろしている。

へぇーっこんなに成長したのかーすげえ、と思って見ている。

なんとなく近くでしゃがんでいるので、髪の毛をくしゃくしゃしたらすっとまっすぐに見て、しばらくぽかんとしてから、様子の変わった大きな歯を見せてわらい、あーっと言ってくれた。

弟が、今年卒園する。

だれも在園しなければ、だれも来なくなる。

通過していく。

成長して、そして忘れる。

f:id:mazu-jirushii:20180226132600j:image